【デュエルリンクス】闇遊戯の初期デッキの使い方

2016年09月08日 [カード]

闇遊戯の初期デッキ

【デュエルリンクス】闇遊戯の初期デッキの使い方

  • ブラック・マジシャン
  • インプ×3
  • グレムリン×3
  • シルバー・フォング×3
  • エレキッズ×3
  • 黒魔族のカーテン×3
  • 勇気の旗印
  • 攻撃封じ
  • 守備封じ
  • 雷鳴

初期デッキの考察と使い方

闇遊戯の初期デッキを見た感想だが、このデッキで海馬と決闘するとなるとブルーアイズを召喚された時点でどうしようもない状態になるデッキとしか言えない。このデッキはどのように使うのがよいのだろうか。

勝利するにはコンボが重要な鍵になる

闇遊戯の初期デッキで決闘に勝利する方法としては、「相手に生け贄召喚される前に敵を倒す」のがベストだと思う。

例えば海馬との場合、ブルーアイズを召喚されてしまうとほとんど勝てる見込みがなくなる。まず間違いなく終了。

ブルーアイズが相手フィールドに召喚された最悪の場合は、こちらも絶対にブラック・マジシャンを召喚していないことには話が進まない。

自分のターン時、「攻撃封じ」でブルーアイズを表側守備表示に変更、そこで永続魔法「勇気の旗印」を発動。これで自分ターンのバトルフェイズ中は攻撃力が200ポイントあがるので、そこでブラック・マジシャンで守備力2500のブルーアイズに攻撃。ここで逆転に繋がる形になる。

デッキの回転率を上げてブラック・マジシャンを呼びこむ

遊戯のデッキはブラック・マジシャンありきの編成になっている。なのでブラック・マジシャンを早く召喚出来るようにデッキ構成を変更していこう。

回転率が上がればコンボカードも手札に回ってきやすくなり、結果的に勝率の高いデッキへと変わっていく。

タグ:, , , ,

コメントを残す

サブコンテンツ