【デュエルリンクス】ツイスター使ったのにカードの発動無効にできない…。ツイスターの使い方解説!

2016年11月24日 [カード]

ツイスター

ツイスター
デュエルリンクスに実装されている魔法カード「ツイスター」は、SRカードですが、カードパックで手に入った人は多いと思います。ツイスターは一部の魔法・罠カードを破壊できる万能なカードです。

しかし、ツイスターを発動したのに、「相手の魔法・罠カードの発動を無効にできなかった上に無駄にライフだけ減った…。」なんてことありませんでしたか?

こちらでは、間違った使い方をしない様に、ツイスターの使い方について紹介していきます。

ツイスターの効果

ツイスター
ツイスター
種類
速攻魔法
500ライフポイントを払って発動できる。
フィールド上に表側表示で存在する魔法・罠カード1枚を選択して破壊する

記載している通り、発動するには500のライフコストが必要であり、表側表示の魔法・罠カードのみ破壊するという効果になります。裏側表示でセットされている魔法・罠カードには使えないということは、すぐわかりますね。

では、ツイスターで破壊することができる魔法・罠カードの種類を見ていきましょう。

ツイスターで破壊できるカードの種類

ツイスターを使って破壊できるのは、基本的には下記のカード種類になります。

永続魔法・罠
発動後もフィールドに残り続け、その場から離れるまで効果を発揮し続けるカード。
ワンダーバルーン
装備魔法
1体のモンスターに効果を与え、発動後もフィールドに残り続ける魔法カード。
勇気の旗印
フィールド魔法
専用のフィールドゾーンに置かれる魔法カード。発動後もフィールドに残り続ける。
闇

これらの魔法・罠カードの種類は、どれも毎ターンフィールドに存在し続けるカードになります。

ですから、これらのカードは墓地にいかずフィールドに存在したままなので、ツイスターでライフコストを払い、破壊することが可能になります。

次に、ツイスターで破壊できないカードの種類を見てみましょう。

ツイスターで破壊できないカードの種類

ツイスターで破壊できないカードは、上記のツイスターで破壊できるカードの種類以外の魔法・罠カードになります。

例えば、儀式モンスターを特殊召喚するのに必要な儀式魔法カードや、融合モンスターを融合するために必要な魔法カードの「融合」になります。

これらは、フィールドに存在せずにカードの効果を発動すればすぐに墓地にいきますよね。

ですから、儀式カードや融合カードを相手に発動されても、ツイスターでは破壊できません。フィールド上に存在し続けていないからです。

何度も言いますが、ツイスターは、表側表示で存在し続ける魔法・罠カード限定の破壊カードになります。相手が儀式魔法や融合カードを発動してきても、ツイスターは何も意味がないのです。

ツイスターを間違って発動してしまうと、500のライフポイントだけ無駄に削られることになるので、要注意!

儀式魔法や融合カードはツイスターを発動しても何も意味はないですが、他に対策できるカードを紹介します。

マジック・ジャマーを発動する

儀式カードや、融合カードといった「魔法」カードの発動を無効するなら、マジック・ジャマーが大活躍します。

マジック・ジャマー
マジック・ジャマー
種類
カウンター罠
(1):魔法カードが発動した時、手札を1枚捨てて発動できる。
その発動を無効にする。

URのマジック・ジャマーは、魔法カードのみのカウンター罠になります。

相手が魔法カードを発動した時、その発動を無効にするという効果なので、儀式に必要な魔法カードや、融合カードを無効にすることができます。


デュエルは、1ターンで逆転することもあります。間違った使い方をしてしまって負けたりしないようにするために、カードの使い方はしっかり理解しておきましょう。

タグ:, ,

コメントを残す

サブコンテンツ