【デュエルリンクス】「頂に立つ者」スキルの効果と考察

2016年12月30日 [攻略]

「頂に立つ者」スキルの効果と考察

【デュエルリンクス】「頂に立つ者」の効果と考察
「頂に立つ者」スキルは、海馬瀬人が最初に習得するスキルです。このスキルの効果と考察をしていきましょう。

※追加した記事は、太字のタイトルです。

「頂に立つ者」スキルの効果

【デュエルリンクス】「頂に立つ者」の効果と考察
種類
フィールド魔法
ドラゴン・鳥獣・雷族の攻撃力と守備力が、それぞれ200ポイントアップ!


画像のフィールド魔法「山」のカードがなくても、「山」の効果が得られる。

「頂に立つ者」スキルについての考察

海馬以外にも「頂に立つ者」を覚えるかはわからないですが、海馬の初期デッキにはあまり役に立ちそうな効果ではないと思われます。

効果があるのは海馬の初期デッキのドラゴン族3体のみで、その内の2体は生け贄が必要なモンスターであり、4つ星以下モンスターに効果があるのは1体だけになります。
なので闇遊戯の「闇の力」よりは、序盤では使えない効果となってると思われます。

鳥獣族をデッキに加える

頂に立つ者スキルで効果が得られるのは、ドラゴン族、鳥獣族、雷族の3種類ですが、ドラゴン族と雷族はカードの種類がほとんどありません。

ですので、鳥獣族をデッキに加えましょう。鳥獣族である「セイント・バード」と「スカイ・ハンター」がいいでしょう。

セイントバード
セイント・バード
種類 属性 レベル 種族
通常 4 鳥獣族
攻撃力 守備力
1500 1100
非常に尾の長い鳥。全身から聖なる光を発する。

スカイハンター
スカイ・ハンター
種類 属性 レベル 種族
通常 4 鳥獣族
攻撃力 守備力
1550 1200
羽に隠し持っているナイフを空から降らせて攻撃する。

頂に立つ者スキルで攻撃力が200上がるので、十分戦力になります。

また、「セイント・バード」と「スカイ・ハンター」を融合して「紅陽鳥」を融合召喚できます。

紅陽鳥
紅陽鳥
種類 属性 レベル 種族
融合 6 鳥獣族
攻撃力 守備力
2300 1800
「セイント・バード」+「スカイ・ハンター」

紅陽鳥の攻撃力は、頂に立つ者スキルで強化され攻撃力2500になります。

攻撃力2500もあれば、破壊されることはあまりありません。安定したデュエルを行うことができると思いますよ。

ハーピィ・レディと相性が良い

「頂に立つ者」は、ハーピィ・レディとの相性が良いです。ハーピィ・レディは万華鏡と組み合わせれば一気に召喚することができますし、それを生贄にブルーアイズの召喚に繋げるのも良いでしょう。

しかし、ハーピィ・レディはデッキに加えても2枚程度でいいと思います。ハーピィ・レディも鳥獣族ですが、頂に立つ者スキルで攻撃力は上がっても1500になります。

それなら、セイント・バードとスカイ・ハンターを2枚ずつなど多くデッキに加えた方が安定します。

また、ハーピィ・レディをデッキに加えるなら「ハーピィ・レディ2」と「ハーピィ・レディ3」を加えておきましょう。

ハーピィ・レディ2
ハーピィ・レディ2
種類 属性 レベル 種族
効果 4 鳥獣族
攻撃力 守備力
1300 1400
このカードのカード名は「ハーピィ・レディ」として扱う。
このモンスターが戦闘によって破壊したリバース効果モンスターの効果は無効化される。

ハーピィ・レディ3
ハーピィ・レディ3
種類 属性 レベル 種族
効果 4 鳥獣族
攻撃力 守備力
1300 1400
このカードのカード名は「ハーピィ・レディ」として扱う。
このカードと戦闘を行った相手モンスターは、相手ターンで数えて2ターンの間攻撃宣言ができなくなる。

孔雀舞の初期デッキにあるハーピィ・レディは、通常モンスターなので効果モンスターであるハーピィ・レディをデッキに加えた方がデュエルを優位に進めることができるからです。

例えば、「ハーピィ・レディ2」で「ハネハネ」を戦闘で破壊した場合、「ハネハネ」の効果は無効化されるということです。デュエルを優位に進めてくれる上に、頂に立つ者スキルで強化もされるのでデッキに加えておいて損はないでしょう。

新パック「ネオ・インパクト」で戦力となるドラゴン族モンスターが豊富

新パック「ネオ・インパクト」で、頂に立つ者スキルがもっと強力となるモンスターがたくさん実装されています。

エレメントドラゴン
エレメント・ドラゴン
種類 属性 レベル 種族
効果 4 ドラゴン族
攻撃力 守備力
1500 1200
このモンスターはフィールド上に特定の属性を持つモンスターが存在する場合、以下の効果を得る。
●炎属性:このカードの攻撃力は500ポイントアップする。
●風属性:このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、もう一度だけ続けて攻撃を行う事ができる。

エンシェントドラゴン
エンシェント・ドラゴン
種類 属性 レベル 種族
効果 4 ドラゴン族
攻撃力 守備力
1400 1300
このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
このカードのレベルを1つ下げ、攻撃力を500ポイントアップする。

グレイウイング
グレイ・ウイング
種類 属性 レベル 種族
効果 3 ドラゴン族
攻撃力 守備力
1300 700
メインフェイズ1で手札からカードを1枚捨てる。
このカードはそのターンのバトルフェイズ中に2回攻撃をする事ができる。

全てドラゴン族なので、頂に立つ者で強化されるモンスターです。

今までの頂に立つ者デッキでは、鳥獣族メインになっていましたが、ここでドラゴン族メインに編成するときです!

攻撃力はさほど変わりませんが、効果があり上手くコンボできれば強力になるモンスターたちなので、すぐにデッキに加えましょう。

ドラゴン族メインなら「スタンピング・クラッシュ」を加える

スタンピング・クラッシュ
スタンピング・クラッシュ
種類
通常魔法
自分フィールド上にドラモンスターが表側表示で存在する場合のみ発動する事ができる。
フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚を選択して破壊し、そのコントローラーに500ポイントダメージを与える。

自分フィールド上にドラゴン族モンスターがいれば、表側表示の魔法や罠カードではなくても、セットしている裏側表示の魔法や罠カードを1枚破壊することができます。

「道連れ」などの強力な罠カードをセットしていても破壊することができるので、頼もしいですよね。

スタンピング・クラッシュは、ドラゴン族モンスターがいないと発動できませんので、ドラゴン族メインのデッキなら、確実にデッキに加えておいた方がいいでしょう。

「白竜の聖騎士」で「青眼の白龍」を特殊召喚

白竜の聖騎士
白竜の聖騎士(ナイト・オブ・ホワイトドラゴン)
種類 属性 レベル 種族
儀式
効果
4 ドラゴン族
攻撃力 守備力
1900 1200
「白竜降臨」により降臨。
フィールドか手札から、レベルが4以上になるようカードをリリースしなければならない。
このカードが裏側守備表示のモンスターを攻撃した場合、ダメージ計算を行わず裏側守備表示のままそのモンスターを破壊する。
また、このカードをリリースする事で手札またはデッキから「青眼の白龍」1体を特殊召喚する事ができる。
(そのターン「青眼の白龍」は攻撃できない。)

ナイトオブホワイトドラゴンは、レベル4の儀式モンスターですが攻撃力が1900あります。ドラゴン族なので頂に立つ者で攻守が上がります。

ナイトオブホワイトドラゴン1つ目の効果も抜群に良いのですが、ここは2つ目の効果のブルーアイズホワイトドラゴンを特殊召喚したいですよね。

「山」はカードトレーダーと交換できる

頂に立つ者は、「山」の効果がありますよね。

しかし相手のカードで、「山」を破壊されたことはたくさんあるでしょう。

この度、カードトレーダーのカードのラインナップに「山」が追加されましたので、余分にデッキに加えておきたい方はカードトレーダーと交換をしてもらいましょう。


ご参考までに
スキル名とその効果一覧

タグ:, , , ,

コメントを残す

サブコンテンツ