【デュエルリンクス】「香水戦術(アロマ・タクティクス)」スキルの効果と考察

2016年12月05日 [攻略]

香水戦術(アロマ・タクティクス)スキルの効果と考察

【デュエルリンクス】「香水戦術(アロマ・タクティクス)」の効果と考察
「香水戦術(アロマ・タクティクス)」スキルは、孔雀舞が最初に取得するスキルです。このスキルの効果と考察をしていきましょう。

「香水戦術(アロマ・タクティクス)」の効果

「常に自分のデッキの1番上のカードが表になる」という効果を持つ。

「香水戦術(アロマ・タクティクス)」についての考察

香水戦術(アロマ・タクティクス)とは、、カードに数種類の香水をつけ、その匂いによってカードを識別するマーキング的戦術であり、遊戯王原作で孔雀舞が使用していました。

ドローする度に、何がくるかわからないわくわく感はなくなるでしょうね。ただ、自身のデッキの1番上のカードが毎ターン見えるというこの効果は、早いうちに対策を組みやすいという利点があります。

早い内に対策を考えることができる

デッキの1番上が見えるということは、ドローしてもその次のカードもドローする前に見えるということです。

「コンボにしたいけど、コンボできるカードいつくるかわからないし単体で使っていいものかどうか…」みたいなことってありますよね?

コンボカードが次のドローでくるってわかってしまえば、先に発動することをやめることができます。

毎ターンの状況しか考えることしかできないデュエルではなく、香水戦術スキルを使用して、早めに対策を考えるデュエルをしましょう。

ここから下の記事は、リリース前に書いた記事になります。カードが実装されれま、香水戦術スキルと合うカードになります。


「デーモンの宣告」との相性がいい!

デーモンの宣告

【デュエルリンクス】「香水戦術(アロマ・タクティクス)」の効果と考察
種類
永続魔法
1ターンに一度だけ、500ライフポイントを払いカード名を宣言することができる。その場合、自分のデッキの1番上のカードをめくり、宣言したカードだった場合手札に加える。違った場合はめくったカードを墓地へ送る。

「デーモンの宣告」単体だけだとただの運試しになりますが、「天変地異」というカードとコンボで素晴らしく使えるカードに化けます。

天変地異

【デュエルリンクス】「香水戦術(アロマ・タクティクス)」の効果と考察
種類
永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのプレイヤーはデッキを裏返しにしてデュエルを進行する。

お互いのデッキトップがもろバレする効果ですね(笑)

要するに舞の「香水戦術(アロマ・タクティクス)」がほとんど「天変地異」と同じ効果があり、「デーモンの宣告」さえあれば、毎ターン合計2枚のカードを加えることができます。

「デーモンの宣告」を入手できればこれは加えた方がいいと思います。ただ、毎回500のコストがかかるので使いすぎには要注意です。

参考までに
孔雀舞の初期デッキの使い方

タグ:, , ,

コメントを残す

サブコンテンツ