【デュエルリンクス】「ドローセンス:魔法・罠」スキルの効果と考察

2016年11月29日 [攻略]

「ドローセンス:魔法・罠」の効果と考察

【デュエルリンクス】ドローセンス:マジックの効果と考察
「ドローセンス:魔法・罠」スキルは、闇遊戯がレベル13のレベルアップ報酬で取得するスキルです。このスキルの効果と考察をしていきましょう。

「ドローセンス:魔法・罠」スキルの効果

「自分ライフが1800ポイント減るごとに使用できる。
ドローフェイズ時に通常のドローを行うかわりに、ランダムで魔法・罠カードをドローする。」という効果を持つ。

「ドローセンス:魔法・罠」スキルについての考察

1800ライフ以上削られると発動できるスキルで、どの魔法か罠カードを引き当てるかが重要となってきますよね。

状況にもよりますが、1800ものライフを受けているので、自分フィールド上にモンスターはいない状況が多いでしょう。ですから、モンスターは絶対に手札に加わっていないと意味がありません。

デュエルリンクスで実装されている魔法・罠カードをみても、自分フィールド上にモンスター無しの場合で、相手の攻撃を阻止できるカードはないと思います。

ですので、自分の手札に召喚できるモンスターがいる場合の、魔法・罠カードを紹介していきます。

一発逆転!「フォース」を発動

フォース
フォース
種類
通常魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスター2体を選択して発動できる。
エンドフェイズ時まで、選択したモンスター1体の攻撃力を半分にし、その数値分もう1体のモンスターの攻撃力をアップする。

例えば、相手は融合召喚や儀式召喚で、攻撃力が高いモンスターを召喚しているとしましょう。

自分はモンスターを召喚し、フォースを使えば、相手モンスターを破壊することができます。相手がブルーアイズ・アルティメットドラゴンを召喚していたら、一発逆転勝ちですよね。

相手のモンスターが2体以上いれば「マジック・アーム・シールド」

マジックアーム・シールド
マジック・アーム・シールド
種類
通常罠
(1):相手フィールド上に表側表示モンスターが2体以上存在し、自分フィールドにモンスターが存在する場合、相手モンスターの攻撃宣言時に攻撃モンスター以外の相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントロールをバトルフェイズ終了時まで得て、攻撃対象をそのモンスターに移し替えてダメージ計算を行う。

自分フィールド上にモンスター1体、相手フィールド上にモンスターが2体以上いなければ発動できない罠カードで、発動条件は少し難しいです。

しかし、相手のモンスター1体を破壊することができます。相手のモンスター2体が同じ攻撃力だと、同士討ちもできます。体制を立ち直すことができることもあります。

モンスターになる罠カード「アポピスの化身」

アポピスの化神
アポピスの化神
種類
永続罠
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードは発動後、通常モンスター(爬虫類族・地・星4・攻1600/守1800)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。

アポピスは罠カードですが、モンスターになる罠カードです。攻撃力は1600ですが、守備力は1800ありますので、ターンは稼げるのではないかと思います。

また、特殊召喚なので、通常召喚で1体モンスターを召喚することができますし、発動した次のターンから、生け贄召喚をすることもできます。

魔法・罠をセットする場所は1つ削られてしまいますが、アポピスの化身でターンを稼ぎ、次のカードがくるまで立て直すこともできると思います。

結論:複数枚加えることが重要

このカード!と決めているカードがあれば、ドローセンス:魔法・罠スキルのために、魔法・罠カードを、決めたその1枚だけしかデッキに加えていなければ、確実にその目当てのカードを引くことはできます。

しかし、ドローセンス:魔法・罠スキルのために、狙って引きたい魔法・罠カードがあっても、どちらかのカードを1枚しかデッキに加えないというのは、正直厳しいと思います。

魔法や罠カードは、デュエルをする上ですごく重要な役割をしています。どれだけ強いモンスターを加えていたとしても、魔法や罠カードですぐ破壊されることなんてザラにあるからです。

ですので、ドローセンス:魔法・罠スキルのために引き当てたい魔法や罠カードは1枚だけではなく、色んな状況で使えるカードを数枚デッキに加えておくのがいいでしょう。

下の記事はリリース前に書いた記事になります。今後実装されるカードであれば、ドローセンス:魔法・罠スキルと相性が合うカードになるでしょう。


1ターンでモンスター全て破壊しよう!

「聖なるバリア-ミラーフォース」

【デュエルリンクス】ドローセンス:マジックの効果と考察
種類
通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールド上に攻撃表示で存在するモンスターを全て破壊する。

「ブラックホール」

【デュエルリンクス】ドローセンス:マジックの効果と考察
種類
通常魔法
フィールドのモンスターを全て破壊する。

どちらも闇遊戯が原作でも使用していたカードであり、モンスターを一掃するカードである。

「ドローセンス:マジック」はランダムで魔法か罠カードをドローするので、魔法か罠カードで1発で大逆転できるカードをデッキに加えていたほうがいいだろう。

闇遊戯のスキルの効果と考察
「闇の力」の効果と考察
「魔導招来」の効果と考察

タグ:, , , ,

コメントを残す

サブコンテンツ