【デュエルリンクス】「フライング寄生」スキルの効果と考察

2016年12月27日 [攻略]

「フライング寄生」スキルの効果と考察

【デュエルリンクス】「フライング寄生」の効果と考察
「フライング寄生」スキルは、羽蛾がレベル20のレベルアップ報酬で取得するスキルです。このスキルの効果と考察をしていきましょう。

「フライング寄生」の効果

「初期手札配布後に寄生虫パラサイドを表向きでランダムの枚数入れる」という効果を持つ。

「フライング寄生」の考察

まず、フライング寄生スキルで必要な「寄生虫パラサイド」について紹介します。

【デュエルリンクス】「フライング寄生」の効果と考察
寄生虫パラサイド
種類 属性 レベル 種族
効果 2 昆虫族
攻撃力 守備力
500 300
リバース:このカードを相手のデッキに表向きで混ぜてシャッフルする。
相手がこのカードをドローした時、このカードは相手フィールド上に表側守備表示で特殊召喚され、相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
その後、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターは全て昆虫族となる。

寄生虫パラサイドは、羽蛾のレベル3のレベルアップ報酬で入手できる昆虫族モンスターです。

相手が寄生虫パラサイドの効果によって、このカードをドローした時に効果を発動します。管理人も間違っていましたが、フライング寄生は初期手札配布後に、相手のデッキにランダムの枚数加わるということです。

ですので1ターン攻撃を阻止するようなカードがなくても、相手が寄生虫パラサイドを引けば効果が発動されるということです。

効果の説明が不足すぎますねwランダムと言っても、現時点で寄生虫パラサイドは1枚しか手に入ることができませんので1枚です。

ここからは、寄生虫パラサイドをいかに早く相手に引かすことができるかを考えていきましょう。

翡翠の蟲笛を発動して寄生虫パラサイドをデッキの1番上に加える

翡翠の蟲笛
翡翠の蟲笛
種類
通常魔法
相手プレイヤーはデッキから昆虫族モンスター1体を選択し、デッキをシャッフルした後そのカードをデッキの一番上に置く。

フライング寄生をするにあたって、翡翠の蟲笛は必須のカードになります。

説明した通り、フライング寄生は初期手札配布後に相手のデッキにランダムで加わります。しかしその後、どのタイミングで寄生虫パラサイドが相手の手札に加わるかはわかりません。

翡翠の蟲笛は、相手のデッキから昆虫族モンスターを1体デッキの1番上に置くことができる魔法カードです。翡翠の蟲笛を使用すれば、寄生虫パラサイドを容易に相手のデッキの一番上に置くことができます。

しかし、相手が他に昆虫族モンスターをデッキに加えているかもしれません。また、自分の手札にいつ翡翠の蟲笛がくるかもわかりませんので、翡翠の蟲笛は3枚デッキに加えておきましょう。

翡翠の蟲笛はNカードなので、3枚手に入れるのは比較的容易にできますよ!

インセクト女王を召喚する

【デュエルリンクス】「フライング寄生」スキルの効果と考察
インセクト女王(クイーン)
種類 属性 レベル 種族
効果 7 昆虫族
攻撃力 守備力
2200 2400
(1):このカードの攻撃力は、フィールド上の昆虫族モンスターの数×200アップする。
(2):このカードの攻撃宣言の際に、自分は自分フィールドの他のモンスター1体をリリースしなければならない。
(3):このカードの戦闘で相手モンスターを破壊したターンのエンドフェイズに発動する。
自分フィールド上に「インセクトモンスタートークン」(昆虫族・地・星1・攻/守100)1体を攻撃表示で特殊召喚する。

インセクト女王は、フィールド上の昆虫族モンスターの数×200攻撃力が上がります。インセクト女王自身も含めてなので攻撃力は2400に上がります。

寄生虫パラサイドの効果で、相手フィールド上の召喚されるモンスター全て昆虫族になりますのでインセクト女王の攻撃力はどんどん上がります。

トゲトゲ神の殺虫剤で相手モンスターを全滅

【デュエルリンクス】「フライング寄生」スキルの効果と考察
トゲトゲ神の殺虫剤
種類
通常魔法
フィールド上の昆虫族モンスターは、すべて破壊される。

トゲトゲ神の殺虫剤で、相手のモンスターを全滅させるという方法もあります。

これは、寄生虫パラサイドの効果が成功し、相手フィールド上に残り続けている場合になります。

相手のモンスターは全て昆虫族になりますので、トゲトゲ神の殺虫剤で全滅することができます。

トゲトゲ神の殺虫剤を発動するときは、インセクト女王とのコンボはできませんので、昆虫族モンスターをデッキに加えないようにしましょう。

寄生虫パラサイドの補助カードには何がいい?

寄生虫パラサイドの効果が発動しても、寄生虫パラサイドが表側表示でフィールド上に残り続けることはとても厳しいです。

相手の上級モンスター以上の生贄素材になる可能性もありますし、魔法や罠の効果で破壊することもできます。

寄生虫パラサイドを、そのままフィールド上に残り続けるてめの補助カードがまだ実装されていませんのでコンボは難しいかと思います。

フライング寄生スキルを使用するなら、デッキはほとんど昆虫族の方がいいでしょうが昆虫族で戦力となる下級モンスターがあまりいません。

今の段階では寄生虫パラサイドの効果を発動できるようにするための補助カードをデッキに加えましょう。

ここから下の記事はリリース前に書いた記事です。実装されれば、間違いなくフライング寄生スキルと相性の合うカードになります。


虫除けバリアーで攻撃阻止

虫除けバリアー

【デュエルリンクス】「フライング寄生」の効果と考察 種類
永続魔法
相手フィールド上に表側表表示で存在する昆虫族モンスターは攻撃宣言する事ができない

相手フィールド上にいる寄生虫パラサイドがいる限り、相手が召喚するモンスターは全て昆虫族になります。なので、虫除けバリアーを発動して、相手の攻撃を阻止します。

しかし、寄生虫パラサイドを対象に相手が生け贄召喚をしてくると虫除けバリアーの意味がなくなります。リスクはありますが、生け贄封じの仮面とのコンボは最強です。

生け贄封じの仮面でさらに攻撃を阻止

生け贄封じの仮面

【デュエルリンクス】「フライング寄生」の効果と考察 種類
永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのプレイヤーはカードをリリースできない。

生け贄封じの仮面は自分も相手も生け贄はもちろんのこと、効果モンスターでの生け贄もできなくなるので、大分リスクを背負うことになりますが、しかしこれで相手モンスターからの攻撃を全て阻止することができます。


羽蛾の初期デッキをメインに使用していたり、昆虫族モンスターメインのデッキを使用しているのであれば、上記のコンボは自分の首を締めることになるので注意しましょう。

羽蛾のスキルの効果と考察
「昆虫結束(毒鱗粉)」の効果と考察
「ドローセンス:ローレベル」の効果と考察

タグ:, , , ,

コメントを残す

サブコンテンツ