【デュエルリンクス】「恐竜王国」スキルの効果と考察

2016年12月31日 [攻略]

「恐竜王国」スキルの効果と考察

【デュエルリンクス】「恐竜王国」スキルの効果と考察

「恐竜王国」スキルは、ダイナソー竜崎が最初に取得するスキルです。このスキルの効果と考察をしていきましょう。

※追加した記事は、太字のタイトルになります。

「恐竜王国」の効果

【デュエルリンクス】「恐竜王国」スキルの効果と考察
ジュラシック・ワールド
種類
フィールド魔法
フィールドに表側表示で存在する恐竜族モンスターは攻撃力と守備力が300ポイントアップする。

恐竜王国スキルは、画像のフィールド魔法「ジュラシック・ワールド」をセットした状態で、デュエルを行うことができます。

「恐竜王国」についての考察

恐竜王国スキルについて考察していきます。恐竜王国スキルは、恐竜族の攻守が300ポイントアップします。

闇遊戯の「闇の力」や、海馬瀬人の「頂に立つ者」と同じフィールド効果ですが、「恐竜王国」は300ポイントアップなので、この100ポイントアップの差はとてもでかいです。

恐竜王国スキルは、竜崎を最強に導くカードですねw

初期デッキを活かす

竜崎の初期デッキは、ほとんどが恐竜族です。

初期デッキのままでは、弱いモンスターは多いですが、恐竜王国スキルでパワーアップして戦力になるモンスターもいます。

トラコドン
トラコドン
種類 属性 レベル 種族
通常 3 恐竜族
攻撃力 守備力
1300 800
トラ柄の恐竜。荒野を駆け抜けるスピードはかなり速い。

例えば、トラコドンは攻撃力1300と少し不安ではありますが、恐竜王国スキルで攻撃力は1600に上がります。攻撃力が1600あれば、十分戦力になりますよね。

また、トラコドンはレベル3のモンスターなので、「死の4つ星てんとう虫」の効果も対象外になります。恐竜王国スキルを使うなら、トラコドンはデッキに加えておいた方がいいのではないでしょうか。

初期デッキをメインに使うなら、恐竜族以外のカードは外して、攻撃力が1500~の下級モンスターをデッキに加えておきましょう。

竜崎の竜崎のレベルアップ報酬で「二頭を持つキングレックス」をゲット

竜崎のレベル14のレベルアップ報酬で、「二頭を持つキングレックス」という恐竜族のモンスターをゲットすることができます。

二頭を持つキングレックス
二頭を持つキング・レックス
種類 属性 レベル 種族
通常 4 恐竜族
攻撃力 守備力
1600 1200
恐竜族の中では強力なカード。2つの頭で同時攻撃。

二頭を持つキングレックスは通常の下級モンスターですが、攻撃力が1600です。これに恐竜王国スキルの効果で、攻撃力は1900になりますので、大活躍すること間違いないです。

竜崎のレベルを14まで上げることは、そこまで難しくありません。竜崎のレベルを上げて、二頭を持つキングレックスをゲットしましょう。

竜崎の竜崎のレベルアップ報酬で「猛進する剣角獣」をゲット

猛進する剣角獣
猛進する剣角獣
種類 属性 レベル 種族
効果 4 恐竜族
攻撃力 守備力
1400 1200
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値分だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

猛進する剣角獣は、竜崎のレベル18のレベルアップ報酬で手に入れることができます。猛進する剣角獣も、恐竜王国スキルの効果で攻撃力が1700になります。

また、猛進する剣角獣は相手モンスターの守備力を攻撃力が超えていれば、その数値分だけダメージを与えることができます。

恐竜王国スキルで強化される上に、強化された攻撃力で、相手モンスターがいても守備力を攻撃力が超えていればライフポイントにダメージを与えることができますので、デッキに加えておくのをおすすめします。

竜崎とデュエルして、「屍を貪る竜」をゲットする

竜崎のデュエル勝利報酬カードに、「屍と貪る竜」があります。屍を貪る竜は、攻撃力が1600の恐竜族です。

屍を貪る竜
屍を貪る竜
種類 属性 レベル 種族
通常 4 恐竜族
攻撃力 守備力
1600 1200
何でも噛み砕く口を持つ恐竜。その攻撃は強い。

二頭を持つキングレックスと同じ攻撃力ですので、攻撃力が1900の下級モンスターが増えます。ですので、より一層デッキを強化することができます。

※ちなみに、竜崎のデュエル勝利報酬カードには、「二頭を持つキングレックス」も一覧にありますので、どちらもゲットできる可能性があります。

「ブラキオレイドス」を融合召喚する

ブラキオレイドスは、恐竜族の融合召喚モンスターになります。融合素材モンスターは、上記の「二頭を持つキング・レックス」と「屍を貪る竜」になります。

ブラキオレイドス
ブラキオレイドス
種類 属性 レベル 種族
融合 6 恐竜族
攻撃力 守備力
2200 2000
「二頭を持つキング・レックス」+「屍を貪る竜」

ブラキオレイドスの攻撃力は2200ですが、恐竜王国スキルで2500と強力な攻撃力を誇ります。上記の2つのモンスターをデッキに加えているなら、ブラキオレイドスも加えておいた方がいいでしょう。

「エレメント・ザウルス」をデッキに加える

エレメントザウルス
エレメント・ザウルス
種類 属性 レベル 種族
効果 4 恐竜族
攻撃力 守備力
1500 1200
このモンスターはフィールド上に特定の属性を持つモンスターが存在する場合、以下の効果を得る。
●炎属性:このカードの攻撃力は500ポイントアップする。
●地属性:このカードが戦闘によって破壊した効果モンスターの効果は無効化される。

エレメントザウルスは、炎属性か地属性どちらかのモンスターがフィールド上にいれば、効果が発揮されます。

炎属性はほとんど実装されていないため、エレメントザウルスの攻撃力を500アップすることは難しいですが、エレメントザウルスは恐竜族なので攻撃力は1800まで上がります。

もう1つの効果になる地属性は、恐竜族はほとんどが地属性なので、エレメントザウルスがモンスターを破壊できれば、破壊した効果モンスターの効果は無効にできます。

恐竜族ほとんどがが地属性なのはコンボが使いやすくていいですよね。

「重力の斧-グラール」で「ガーディアン・グラール」を召喚する

重力の斧グラール
重力の斧-グラール
種類
装備魔法
装備モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
このカードがフィールド上に存在する限り、相手フィールド上モンスターは表示形式を変更する事ができない。

ガーディアン・グラール
ガーディアン・グラール
種類 属性 レベル 種族
効果 5 恐竜族
攻撃力 守備力
2500 1000
「重力の斧-グラール」が自分のフィールド上に存在する時のみ、このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができる。
手札にこのカード1枚しかない場合、手札からこのカードを特殊召喚する事ができる。

重力の斧-グラールがフィールド上にあれば、ガーディアン・グラールを召喚することができます。

ガーディアン・グラールは攻撃力が2500な上に、恐竜族なので攻撃力が2800まで上がります。

また、重力の斧-グラールを使用しなくても、手札がガーディアン・グラール1枚しか無い場合は特殊召喚することもできるので、まだ容易に召喚しやすいと思います。

ウェポンサモナーを加えて「ガーディアン・グラール」をサーチ

ウェポンサモナー
ウェポンサモナー
種類 属性 レベル 種族
効果 4 魔法使い族
攻撃力 守備力
1600 1600
リバース:カード名に「ガーディアン」の文字が入っているカードを自分のデッキから1枚手札に加える。

「ガーディアン・グラール」をデッキに加えるなら、ウェポンサモナーもデッキに加えましょう。

ウェポンサモナーは、「ガーディアン」という名のついたカードサーチできる効果があります。

ですのでガーディアン・グラールをウェポンサモナーの効果で手札に加えておきましょう。


ダイナソー竜崎の他スキルや初期デッキなどの情報は、こちらを参考にして下さい。
ダイナソー竜崎の基本情報や評価

タグ:, , ,

コメントを残す

サブコンテンツ