【デュエルリンクス】「モス進化促進」スキルの効果と考察

2016年12月12日 [攻略]

「モス進化促進」スキルの効果と考察

【デュエルリンクス】「モス進化促進」スキルの効果と考察
「モス進化促進」スキルは、インセクター羽蛾の固有のドロップスキルです。このスキルの効果と考察をしていきましょう。

「モス進化促進」スキルの入手方法

モス進化促進スキルの入手方法は、下記の通りです。

  1. インセクター羽蛾でを使ってレジェンドデュエリストにデュエル
  2. デュエル勝利報酬の一定確率でドロップ

レジェンドデュエリストのレベルは、どのレベルからでもドロップする可能性があります。

レベルが高いほど、ドロップする可能性が高いので、レベル30~40のレジェンドデュエリストとデュエルすることをおすすめします。

インセクター羽蛾固有のスキルになりますので、インセクター羽蛾以外のキャラは、モス進化促進スキルを使用できません。

「モス進化促進」スキルの効果

「自分フィールド上の、「進化の繭」を装備した「プチモス」のターンカウントが2倍で進む。」という効果を持つ。

「モス進化促進」スキルの考察

プチモス
プチモス
種類 属性 レベル 種族
通常 1 昆虫族
攻撃力 守備力
300 200
成長したらどんなムシになるか分からない、小さな幼虫。

進化の繭
進化の繭
種類 属性 レベル 種族
効果 3 昆虫族
攻撃力 守備力
0 2000
このカードは手札から装備カード扱いとしてフィールド上に表側表示で存在する「プチモス」に装備する事ができる。
この効果によってこのカードを装備した「プチモス」の攻撃力・守備力は「進化の繭」数値を適用する。

モス進化促進を発動するには、上記のモンスター「プチモス」と「進化の繭」が必要になります。

モス進化促進は、プチモスのターンカウントが2倍になる効果です。プチモスのターンが進むとどうなるかわからない方もいると思いますので、説明していきますね。

「グレート・モス」or「完全究極体グレート・モス」を特殊召喚

グレートモス
グレート・モス
種類 属性 レベル 種族
効果 8 昆虫族
攻撃力 守備力
2600 2500
このカードが通常召喚できない。
「進化の繭」が装備され、自分のターン数えて4ターン以上が経過した「プチモス」1体をリリースした場合に特殊召喚する事ができる。

完全究極体グレートモス
完全究極体・グレート・モス
種類 属性 レベル 種族
効果 8 昆虫族
攻撃力 守備力
3500 3000
このカードは通常召喚できない。
「進化の繭」が装備され、自分のターンで数えて6ターン以上が経過した「プチモス」1体をリリースした場合に特殊召喚する事ができる。

インセクター羽蛾といえば、インセクトクイーンではなくグレートモスですよね。

モス進化促進を使用する最大の理由は、グレートモスか完全究極体グレートモスどちらかを召喚するためです。

グレートモスと完全究極体グレートモスは、攻撃力は高いのですが条件が厳しいため、デッキに加える方は少ないと思います。

自分のターンで早くても4ターンなので、相手とのターンを合わせたら8ターンになります。それまでにデュエルが終了することもありますから、結局グレートモスを特殊召喚できないということも多いです。

しかし、モス進化促進でターンを2倍に早めることができるということは、現実的なターン数になってきます。

グレートモスは4ターンなので、2ターン。完全究極体グレートモスは6ターンなので、3ターンで特殊召喚することができます。

個人的にはグレートモスで十分かと思います。グレートモスでも攻撃力は2600もありますし、2ターンで特殊召喚できるので相手ターンと合わせて4ターンなので召喚しやすいのではないでしょうか。

アースクエイクでプチモスを守備表示

アースクエイク
アースクエイク
種類
通常魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て守備表示にする。

プチモスに進化の繭を装備するとしても、プチモスは表側表示でないと意味がありません。プチモスを表側表示にするには、攻撃表示にするしかないのです。

しかし表側表示となると、進化の繭を装備したプチモスの攻撃力は0です。

ですので、プチモスを召喚したらアースクエイクで守備表示にしてあげましょう。進化の繭の守備表示は2000なので、なかなか破壊されることはないです。

グレートモスや完全究極体グレートモスがなくても、これらの3枚が無ければフィールドに出すことはできませんので、揃うのは運次第ですので厳しいところですね…。

タグ:, , , ,

コメントを残す

サブコンテンツ