【デュエルリンクス】「恐竜重撃」スキルの効果と考察

2016年12月27日 [攻略]

「恐竜重撃」スキルの効果と考察

【デュエルリンクス】「恐竜重撃」スキルの効果と考察
「恐竜重撃」スキルは、ダイナソー竜崎がレベ20で取得するスキルです。このスキルの効果と考察をしていきましょう。

「恐竜重撃」スキルの効果

自分フィールド上の恐竜族・レベル6モンスターを1体選択して使用できる。

このターン中、選択したモンスターが守備表示モンスターに攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
このスキルは1ターンに1度しか使用できない。

「恐竜重撃」スキルの考察

レベル6の恐竜族モンスターが、守備表示にしている敵のモンスターに攻撃すると、守備力を攻撃力が超えた分だけダメージを与えるというもの。

恐竜重撃を使用するには、レベル6の恐竜族モンスターがいないと始まりません。

レベル6の恐竜族モンスターはどれがいい?

レベル6の恐竜族モンスターで実装されているのは、下記の3体のみになります。

ソードドラゴン
剣竜(ソード・ドラゴン)
種類 属性 レベル 種族
通常 6 恐竜族
攻撃力 守備力
1750 2030
全身にカタナのトゲがついた恐竜。突進攻撃をする。

メガザウラー
メガザウラー
種類 属性 レベル 種族
通常 6 恐竜族
攻撃力 守備力
1800 2000
全身にツノの生えた恐竜。突進攻撃は強烈だ!

ブラキオレイドス
ブラキオレイドス
種類 属性 レベル 種族
融合 6 恐竜族
攻撃力 守備力
2200 2000
「二頭を持つキング・レックス」+「屍を貪る竜」

一番攻撃力が高いブラキオレイドスがいいと思いますが、ブラキオレイドスは融合モンスターなので融合と融合素材のモンスターが手札にないと召喚することはできません。

ソードドラゴンかメガザウラーどちらかなら、1体の生け贄で召喚することができますからブラキオレイドスより容易に召喚することができます。

ですのでブラキオレイドスと、ソードドラゴンかメガザウラどちらかをデッキに加えておきましょう。

「化石発掘」で墓地から蘇生させる

化石発掘
化石発掘
種類
永続罠
手札を1枚捨てて発動できる。
自分の墓地の恐竜族モンスター1体を選択して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
そのモンスターが破壊された時このカードを破壊する。

化石発掘は、墓地から恐竜族モンスター1体を選択して特殊召喚できます。

ですのでレベル6の恐竜族モンスターが破壊され墓地にいくことになっても、化石発掘で蘇生することは可能です。

今では「道連れ」や「黄泉へ渡る船」など共に墓地にいく効果があるカードが多いので、破壊された後の対策も考えておかなければなりません。

「荒野」をセットする

荒野
荒野
種類
フィールド魔法
全ての恐竜・アンデット・岩石族モンスターの攻撃力と守備力は、200ポイントアップする。

竜崎は「恐竜王国」スキルでフィールド魔法「ジュラシック・ワールド」を使用できますが、ジュラシック・ワールドは現時点では入手することはできません。

ですのでフィールド魔法「荒野」を手札に加えましょう。

荒野は恐竜族の攻守を200ポイント上がります。少しでもダメージを相手に与えることができます。

荒野は、竜崎のレベルアップ報酬か勝利報酬で入手することができますよ。

タグ:, , ,

コメントを残す

サブコンテンツ